男の人と女の人

投資物件のなかでもアパートが経営がおすすめです

リスクと経営方法の選択

集合住宅

リスクとリスクヘッジ

どんな投資にもリスクはあるといえるでしょう。では投資はできないかといえばそうではありません。リスクを減らしたり、リスクヘッジを取ることで、損失を軽減できる場合があります。マンション経営をするときに出てくるリスクには、空室のリスクがあります。空室が多くなれば、当初予定していた賃料収入が得られなくなる場合があります。このリスクを減らしたいなら、一括借り上げなどを利用するとよいでしょう。空室を気にすることなくマンション経営ができます。ローンのリスクでは変動だと将来のインフレに対応できなくなる場合があります。固定金利なら、返済額が増えることはありません。固定期間が一定期間適用されるタイプを利用することでもリスクを減らせます。

自分で管理か任せるか

サラリーマンであったり、何らかの仕事をしている人であれば、なかなか副業をするのは難しいかもしれません。でも、サラリーマンでもマンション経営ができる時代になっています。マンション経営の方法は、それぞれの人によって選べるようになっています。サラリーマンであれば、管理会社にすべてを管理してもらう方法を取るとよいでしょう。物件に一切行かなくても、賃料だけ毎月入るような仕組みもあります。一方で、脱サラをしたり老後に自分で管理をする方法もあります。老後であれば時間もあるので、物件の管理や賃料の回収、立ち合いなども可能です。複数の物件を持つようになると、それぞれの管理費用を節約するために自分で行った方がいい場合もあります。