男の人と女の人

投資物件のなかでもアパートが経営がおすすめです

依頼先一つで今後が変わる

マンション

業者選びは疎かにできない

賃貸マンションを運営する際、直接貸主が管理に乗り出すケースは別ですが、専門業者に賃貸の運営を任せる場合、依頼するマンション管理会社次第で、その後の不動産投資の行方も変化します。例えば、契約したマンション管理会社が家賃の集金業務に力を入れていない場合では、家賃の滞納に見舞われることも考えられます。家賃で利益を得ることが目的の不動産投資にとりまして、滞納や未納は致命的な事象ですから、賃貸物件を任せるマンション管理会社を決める時は、各社の能力やサービスの品質などを細部まで確認するようにしましょう。良質なマンション管理会社なら、空室を満室にするノウハウなども持っていますので、マンション管理会社選びは決して疎かにできません。

業者選びのポイント

管理業者を選ぶ時のポイントですが、賃貸物件の管理業務には2つの分類があることを知っておく必要があります。先ず1つが建物管理ですが、これは共有スペースの清掃活動をはじめ、電気や給排水の設備およびエレベーターなど、物理面での管理業務です。そしてもう1つが、入居者集めから家賃の集金や督促、ならびにクレーム処理など、人的なフォローを行う管理業務になります。この2つの管理業務はどちらも大切ですから、契約料などを重視するあまり、どちらかに傾くことがないようにしましょう。特に後者の管理業務は家賃収入へ直接関わる部分だけに、不動産投資ではマンション管理会社選びの要となります。マンション管理会社を選定する時は、それらを念頭に置いて厳選しましょう。